目黒メディカルクリニック 移転のお知らせ
Home » 胃内視鏡検査を受診される方へ

健康診断受診にあたっての注意事項

胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けられる方へ

 

*食事は検査の10時間前までに済ませて下さい。
 

【 検査当日 】
(1) 飲食(乳製品・ジュース類・お茶やコーヒー等を含む)をしないで下さい。
水に限りコップ一杯程度(200ml以下)であれば、お飲みいただいて構いません。


(2) 現在お薬を服用されている方への注意事項があります。
*降圧剤内服中の方→通常通り内服して下さい。
*血糖を下げる薬の内服、インスリン注射をしている方→内服、注射をしないで下さい。
*抗血小板薬・抗凝固薬等(血液をさらさらにする薬)を内服中の方→通常通り内服して下さい。
但し、抗血栓薬(抗血小板薬・抗凝固薬)を内服中の方は組織検査ができません。自己判断の休薬はされないようにお願い致します。


(3) 当院では、全身麻酔等で眠った状態での検査は行っておりません。
 
【 検査後 】
鼻や喉へ麻酔をしますので、検査終了後1時間位は飲食をしないで下さい。
ポリープ等の組織検査を行った場合、検査当日は刺激のある食事や飲み物(コーヒーやアルコール類)は避けて下さい。
 

【 組織検査 】※生検:一部組織を採取すること
内視鏡検査でポリープ等が見つかった場合、組織を採取して生検検査を行いますので、別途費用(5千円前後)が掛かる場合があります。
生検検査の結果は約2週間後にご来院いただいて、医師よりお伝え致します。
*生検検査は「がん」の診断に欠かせない検査ですので、当院では安全に充分配慮するとともに、検査を受けられる方への事前説明と同意のもとに実施しております。


 
【 検査の安全性・起こりうる合併症 】
胃内視鏡検査は安全な検査ですが、合併症が全くないわけではありません。
ごくまれに出血や穿孔(穴が開くこと)などの合併症・偶発症を起こすことがあります。

 

日本消化器内視鏡学会による2003年から2007年までの第5回全国調査から引用

 

受診者様には、少しでも苦痛が少なく、安全に検査が終わるよう万全の注意を払います。
しかし、万一合併症・偶発症が生じた場合には最善の対処を致しますが、やむなく処置(入院・手術を含む)が必要となった場合の医療費は受診者様のご負担となりますのでご了承下さい。
以上、胃内視鏡検査の説明に関してご了承頂ける方は、下記同意書にご署名下さい。同意が得られない場合は胃内視鏡検査を実施できません。